胸が小さい不安

女性が抱える体の悩みでかなり多いのが胸のサイズですよね。

女性らしさの象徴にもなる胸の大きさは、人によっては大きなコンプレックスの原因にもなります。

人の視線が気になってしまったり、温泉などで裸になるのが嫌だったり、洋服のおしゃれが楽しめないなど悩みは様々です。

恋愛においても、胸の小ささが原因で嫌われたらどうしようと消極的になってしまったりする方も多くいらっしゃいます。

今、世の中にはたくさんのバストアップに関するアイテムが売られています。

胸を大きくしたいという女性は、関連するサプリやグッズを使った事があるかもしれませんね。

アイテムやサプリを使って効果があるかないかというのは、体の事なのでやはり個人差というものが大きく影響してきます。

効果が無かったからといって、諦めてふさぎこんでしまうのも精神的に良くありません。

今回は、小胸で悩む女性がコンプレックスをなくすための4つのアドバイスをご紹介します

胸の成長はいつまで続く?

まず、基本的な胸の成長について知っておきましょう。

女性の胸というのは、初経を迎える一年ほど前から膨らみ始めます。

そこから徐々に乳腺が発達し、4~5年で大人の胸に成長します。

最初の数年はだんだんと胸が膨らみ始める時期で、胸が張って固くなるような感覚になっていきます。

初経から3年もしてくると、硬さがピークになり丸く膨らみます。

そこから徐々に脂肪が付き、20歳前後には柔らかく女性らしい胸へと変化を遂げていきます。

思春期の胸の成長は著しく、この時に大体の大きさが決まってきますがこの4~5年で成長が止まるわけではありません。

初経も人それぞれの時期があるように、成長の速度も個人差があります。

胸が大きくなるのはなぜ?

胸が大きくなるには、女性ホルモンの分泌が大きく関わってきます。

女性ホルモンであるエストロゲンの働きによって乳腺は発達していくからですね。

乳腺が増えていくと、それを守るように脂肪が結びついていきます。

胸のほとんどは脂肪なので、乳腺が発達すればその分膨らみの基になる脂肪も増えるのです。

女性ホルモンが正常に分泌され続けていく事で、胸は大きく成長していきます。

スポーツに打ち込んでいた方や、強いストレスなどがあった方、不規則な生活をしていた方は女性ホルモンの分泌が少なくなっていらっしゃる場合があります。

胸を大きくするためには?

思春期の成長が終わり、大人になって胸の小ささで悩む方はどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、毎日の生活で気を付けるポイントをお伝えします。

ブラジャー選び

実は、自分にあったサイズのブラジャーを付けていない方って意外と多いんです。

お店で気に入ったデザインのブラジャーを見つけて、いつもこれくらいのサイズを買っているからとそのまま購入していませんか?

最後に正しい計測をしてもらったのはいつですか?

胸はほとんどが脂肪からできています。

しっかりとブラジャーのカップにお肉を集めてあげないと、正しいカップサイズはわかりません。

付けていて上がかぱかぱと開いてしまう、紐が食い込んでいる又は下がってきてしまう、フロント部分が浮いているなどの状態になる場合はサイズがあっていません。

正しいサイズのブラジャーを付けると今までより大きくなったり、綺麗な胸をキープする事ができます。

一度下着屋さんで改めて計測してもらうといいですよ。

食生活

ホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンの分泌も下がってしまいます。

今は忙しい生活を送る女性も多いため、簡単なファストフードやコンビニなどで食事を済ましてしまうという方も多いですよね。

コンビニや外食は確かに楽ですが、栄養バランスの面でみるとあまり頻繁に使うのはおすすめしません。

毎日簡単なものでいいので、バランスの取れた食事を食べるようにしましょう。

大豆製品やたんぱく質は是非とってください。

また、ミネラルやビタミンも欠かせない栄養素ですので、足りない場合はサプリなどでも補うようにしましょう。

運動不足

普段全く運動をしていないという場合、代謝が落ちている可能性があります。

代謝がさがるとホルモンの分泌も下がってきますし、老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

痩せにくくもなりますし、肌や腸内環境も乱れてきてしまいます。

過度な運動はしなくてもいいので、出来る時に軽くジョギングや筋トレなどを取り入れてみましょう。

生活リズム

実は胸の成長に欠かせないホルモンの分泌は寝ている間、22時から午前2時までがゴールデンタイムと言われています。

睡眠不足が続くと、ホルモンバランスも乱れてきます。

22時に寝るというのは無理があるという方も多いと思いますので、せめて0時前後にはベッドに入って寝られるようにしたいところです。

睡眠時間がしっかりと取れているという事は、ホルモンの分泌以外にも体にとってメリットがとても大きいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

胸が小さいという事は、人によってはかなり大きな悩みだったりします。

しかし、女性は胸が大きくないといけないなんて事はありません。

男性だって、胸が大きい女性が好きという人ばかりではありませんよね。

お洒落だっていくらでも楽しめます。

あまり悩むとそれがストレスとなって悪循環になってしまうので、まずは健康的な生活をするよう心掛ける事が大切です。

そして、ブラジャーのサイズをもう一度プロに測ってみてもらってくださいね。